小型発電機特集



防音型発電機 600VA

HONDA:防音型発電機 600VA(交流/直流)


HONDA:防音型発電機


サイクロコンバーター搭載と、ホンダ独自の「高速多極オルタネーター」で、軽量です。
環境にやさしい、クリーンな性能の超小型4サイクルエンジンを搭載しています。
「超低騒音」を実現する、二重防音構造です。


●定格直流出力:12V-6A
●定格交流出力50/60Hz:100V-0.6kVA
●騒音(dB):56
●燃料タンク容量([[リットル]]):2.3
●連続運転時間(h):約4.5
●全長X全幅X全高(mm):450×240×380
●質量:12kg

ホンダの小型発電機

ホンダの発電機は、業界最小クラス。

防災対策・地震対策・台風対策にオススメの超軽量の発電機です。

ホンダの発電機

同出力の従来発電機に比べ重量を半減。
気軽に持ち運べるサイズの発電機として世界初!一般家庭電気製品の殆どすべてに対応できる出力を持っています。
また、ホンダ独自の高効率の正弦波インバーターシステムを採用し、コンピューターなどの精密機器にも安心して使える高品質の電気が供給できます。

小型発電機

小型発電機もいろんなタイプがあります。

お花見などでは、郊外で、発電機持ち込みで楽しんでいたりしますが、騒音の問題と場所の確保が難しいですね。

今の最新の情報によると、超小型の発電機が開発されたそうです。

その小型発電機は、電池よりも効率がよく長持ちする代替品というふれこみの、化石燃料で駆動する超小型発電機なのです。

小型発電機ではなく、「超」小型のガスタービン発電機なのです。

どれくらい超小型発電機かというと、大きさは、普通のシャツのボタン程度なんです。

もう一度書きます。
「普通のシャツのボタン程度」だそうです。

常識を越えていますね。

手のひらの上どころか、イヤリングでもOKかも(笑)




性能も優れていて、最も高性能なリチウム電池の10倍の電力を供給できるらしいです。


この超小型ガスタービン発電機は、マイクロチップ産業が使用しているのと同じ小型化技術を採用して、ベアリング、燃焼室、タービンなど発電機の小型部品を、精密なエッチングによってシリコンの表面に形成してう動かしているのだそうです。

そのうち、お目にかかることが出来るでしょう。

発電機使用上の注意

発電機を選ぶ場合の注意。

発電機に接続するそれぞれの電気機器が、どのくらいの「ゆとり」を必要としているのかをチェックして、最適な出力を持つ発電機をお選ぶことが大切です。

ラジカセ、カラーテレビ、電気ポット、コーヒーメーカーなどは、 消費電力ぎりぎりでも大丈夫ですが、インパクト、芝刈機、電気カンナ、ドリルなどは、消費電力の2倍近い余裕を見ておく必要があります。さらに、冷蔵庫、小型クーラー、水銀灯、エアーコンプレッサーなどを使用する場合には、3〜5倍の余裕が必要です。


また、複数の電気機器を利用する場合は合計した出力が必要です。もちろんその場合でも、発電機の余裕を考慮してください。


使用機器と発電機とを接続するコードの長さや太さが、発電機の電圧に影響を与えます。コードの長さ、太さは、使用する電気機器に合わせて選びましょう。


発電機の出番

発電機も、生活のさまざまなシーンで活躍するようになりました。

発電機の出番が多いのが、工事現場での活躍。
また、花見やキャンプ等のレジャーで発電機を使用する機会も増えてきました。
最近では、非常時の電源確保のために発電機を購入される方も多いようです。


一般的な使用では、スタンダードの発電機で十分です。

工事現場(大型三相モーター搭載のコンプレッサーやポンプを使用する現場)には、大量の発電量が必要となります。
それには、三相発電機がいいですね。

また、通信業務など電圧にデリケートな機器を扱う場合には、高品質で安定した電気を供給する必要があります。
それには、インバーター発電機がいいですね。


目的にあわせた発電機をお求めください。