小型発電機特集



発電機使用上の注意

発電機を選ぶ場合の注意。

発電機に接続するそれぞれの電気機器が、どのくらいの「ゆとり」を必要としているのかをチェックして、最適な出力を持つ発電機をお選ぶことが大切です。

ラジカセ、カラーテレビ、電気ポット、コーヒーメーカーなどは、 消費電力ぎりぎりでも大丈夫ですが、インパクト、芝刈機、電気カンナ、ドリルなどは、消費電力の2倍近い余裕を見ておく必要があります。さらに、冷蔵庫、小型クーラー、水銀灯、エアーコンプレッサーなどを使用する場合には、3〜5倍の余裕が必要です。


また、複数の電気機器を利用する場合は合計した出力が必要です。もちろんその場合でも、発電機の余裕を考慮してください。


使用機器と発電機とを接続するコードの長さや太さが、発電機の電圧に影響を与えます。コードの長さ、太さは、使用する電気機器に合わせて選びましょう。


発電機の出番

発電機も、生活のさまざまなシーンで活躍するようになりました。

発電機の出番が多いのが、工事現場での活躍。
また、花見やキャンプ等のレジャーで発電機を使用する機会も増えてきました。
最近では、非常時の電源確保のために発電機を購入される方も多いようです。


一般的な使用では、スタンダードの発電機で十分です。

工事現場(大型三相モーター搭載のコンプレッサーやポンプを使用する現場)には、大量の発電量が必要となります。
それには、三相発電機がいいですね。

また、通信業務など電圧にデリケートな機器を扱う場合には、高品質で安定した電気を供給する必要があります。
それには、インバーター発電機がいいですね。


目的にあわせた発電機をお求めください。