小型発電機特集



小型発電機

小型発電機もいろんなタイプがあります。

お花見などでは、郊外で、発電機持ち込みで楽しんでいたりしますが、騒音の問題と場所の確保が難しいですね。

今の最新の情報によると、超小型の発電機が開発されたそうです。

その小型発電機は、電池よりも効率がよく長持ちする代替品というふれこみの、化石燃料で駆動する超小型発電機なのです。

小型発電機ではなく、「超」小型のガスタービン発電機なのです。

どれくらい超小型発電機かというと、大きさは、普通のシャツのボタン程度なんです。

もう一度書きます。
「普通のシャツのボタン程度」だそうです。

常識を越えていますね。

手のひらの上どころか、イヤリングでもOKかも(笑)




性能も優れていて、最も高性能なリチウム電池の10倍の電力を供給できるらしいです。


この超小型ガスタービン発電機は、マイクロチップ産業が使用しているのと同じ小型化技術を採用して、ベアリング、燃焼室、タービンなど発電機の小型部品を、精密なエッチングによってシリコンの表面に形成してう動かしているのだそうです。

そのうち、お目にかかることが出来るでしょう。